地域 for-our-area

来場者数が大変なことに
(第36回江東区民まつり)

東日印刷は、10月20日(土)、21日(日)、江東区の都立木場公園で開催された「第36回江東区民まつり中央まつり」に企業ブースを出展しました。当社のデジタル事業部門T-NEXTが開発し、8月に行われた社内の納涼祭でも好評を得た顔認証アプリケーションを地域の人々に公開、たくさんの人々に楽しんでいただきました。

 

マジで!? ウケる!! 来場者からは様々なリアクション

東日印刷で初めての試みとなる江東区民まつりへの出展。全てが未経験であるため、当日ブースのスタッフを務めるメンバーの間では、

  • 本当にお客さんは来てくれるだろうか?
  • 楽しんでもらえるだろうか?
  • システムに不具合が発生しないか?
  • 盛り上がっているのは実は自分たちだけではないだろうか?(かなりネガティブ)

 

など様々な不安の声が。でも大丈夫、きっと、うまくいく

10月20日、21日は両日ともにここ最近では珍しほどの快晴。絶好のお出かけ日和にも支えられ、江東区民まつりには多くの人々が来場しました。

まぶしそうな東日ブーススタッフ秋晴れのいい天気 スタッフも眩しそう

 

自治体をはじめ様々な企業や団体がブースを出展する中、東日印刷はふれあい広場・北エリアに企業ブースを設置。社内ではすっかり有名となった、国内外の有名人300人との類似度を測定する顔認証アプリケーション「アナタはどの有名人!?」を初めて一般向けに公開しました。

今回東日印刷が出展したブースでの遊び方は

 

  1. 顔認証アプリケーションにて有名人との類似度を測定
  2. 類似度の度合いに応じて的当ての投球回数が決定
  3. 的当ての点数に応じて景品(お菓子の詰め合わせ)をGET

 

というもの。

無料ということもあり、開始早々、メンバーの不安はよそににブースには長蛇の列が。通りがかった人から、「何の列ですか?」「どういうゲームですか」と質問され、スタッフが説明すると「えぇぇーっ、面白そう!」とこれまた嬉しいリアクション。

東日ブースに長蛇の列東日印刷ブースにはご覧の通り長蛇の列が

 

顔認証アプリケーションを体験した多くの家族連れや友達、カップルは結果の表示に合わせて大きな声を上げて一喜一憂していました。見ていて本当に楽しそう。

「マジでぇぇぇぇ、ウソだろ!?」←ありえない結果

「これウケるんだけど!!」←ありえないがネタになりそうな結果

「ちょー嬉しい!!」←理想的な結果

などリアクションは様々。それでも最後は、結果が表示された画面をスマートフォンで撮影するなど、ご満足いただけたようです。

微笑むエンジニアみなさんの大きなリアクションスタッフもこの表情

 

初日は用意した景品のお菓子が開始1時間でなくなり、急きょ買い足すというあってはならないトラブルもありましたが、大量にお菓子を購入したその後は、初めての出展とは思えないほど順調そのもの。幸いにして2日間、システム的なトラブルもなく無事終了することができました。

景品のお菓子大量に買い足したお菓子も最終的に全てなくなった

 

技術研究の一環として開発した顔認証アプリケーション。私たちが開発したプロダクトを通して、多くのみなさんとふれあう時間を持てたこと、そして多くのみなさんに笑顔になっていただけたことを本当に嬉しく思います。

2日間でのトータルの来場者数はなんと1356人。ご来場いただいたみなさん、本当にありがとうございました。

 

一覧ページへ 

Other contents
その他のコンテンツ

Go to Top

Contact
お問い合わせ