会社情報 Company

ごあいさつ

確かな品質で、お客様第一に徹します

東日印刷は今から65年前の1952(昭和27)年5月、東京都港区芝金杉の地で創業しました。輪転機1台、従業員38人の小さな工場でした。その後、多くの素晴らしいお客様に恵まれ、次第に規模を拡大。1988(昭和63)年7月には江東区越中島の現在地に新社屋を建設、移転しました。2007(平成19)年10月には川崎工場も竣工、2012(同24)年4月には(株)毎日新聞首都圏センター(神奈川県海老名市)、2014(平成26)年4月には(株)毎日新聞北関東コア(群馬県高崎市)をそれぞれ完全子会社化しました。

東日印刷グループは5社6工場で、輪転機27台を保有し、朝刊7紙、夕刊3紙など一日380万部から400万部を印刷する国内最大級の新聞印刷専門会社に発展しました。

東日印刷は2013(同25)年6月、毎日新聞グループの持株会社である毎日新聞グループホールディングス(GHD)の傘下に入りました。(株)毎日新聞社、(株)スポーツニッポン新聞社、(株)高速オフセットと弊社の4社が、GHDの100%子会社としてグループを支える体制です。

メディアの世界はネットの発達などで、かつてない急激な変革の時代を迎え、新聞業界は厳しい経営環境に置かれています。しかし、新聞の持つ記録性や一覧性、そして世界の一日の出来事を限られた「器」に盛り込むという特性は、他のメディアでは代替できません。活字文化、そして新聞ジャーナリズムを支える東日印刷の使命は、ますます大きくなると確信しています。

創業以来の姿勢である「誠実な仕事にこそ顧客の信頼」を忘れることなく、さらなる品質向上と管理の徹底でお客様第一に徹し、前進を続けてまいりたいと考えています。

東日印刷は、全社をあげて環境保全に取り組んでいます。2003(平成15)年3月、ISO14001認証を取得。2012(同24)年2月27日には適切な森林管理の推進を目的とした、FSC®認証制度のひとつであるCoC認証「FSC-C109920(ライセンス番号)」も取得しました。2016(同28)年3月にはISO14001認証を返上しましたが、社内に環境・品質推進委員会を新たに立ち上げ、「地球にやさしい企業」「地域社会との共生」「顧客満足の向上」を引き続き推進していきます。

東日印刷は新規事業にも積極的に乗り出しています。Web推進チームの発足、OA機器・サプライ品販売会社㈱トライ(台東区)のM&Aによる子会社化などです。日本オリンピック委員会主催トップアスリート就職支援活動による陸上・走り高跳び男子選手を2017(平成29)年春に採用、インドの最高学府で世界的にも評価が高いインド工科大生2人が2017(平成29)年秋に入社するなど、優秀な人材獲得にも力を入れています。全社一丸となって創意と工夫で、これからも挑戦を続けてまいります。

東日印刷株式会社 代表取締役社長

武田芳明

Go to Top

Contact
お問い合わせ