デイリー daily-report

インド工科大学インターンシップ前半戦終了

毎年、理系世界最高峰・インド工科大学の現役3年生を約2カ月間にわたり日本企業にインターンシップさせるプログラムを利用している東日印刷。今年で4年連続のインターンシップ導入となりますが、5月20日にスタートしてから早くも2か月が経過し、7月19日(金)に前半組の2名のインターンシップが終了します。

本日(7月19日)が最終日となるのが前列右の二名ですが、来日時の表情の硬さも取れ、とても良い表情を見せてくれています。来日直後の表情とぜひ比べてみてください。

当日は、T-NEXTメンバー全てが集まる最後の日ということで、こちらも毎年恒例の記念撮影。今年はリニューアルされたT-NEXTの部屋での撮影を行いました。

インターンシップの成果をプレゼンテーション

東日印刷のインターンシップの取組の特徴の1つとして、インターン期間終了の時期に行うプレゼンテーションがあります。

今日は社長以下幹部へのプレゼンということもあって、皆、ジャケットを着てビッシリ決めてきています。緊張感や装いから、やはり彼らにとって大きな意味を持っているのだな、と毎年感じさせられるイベントです。

今年のプレゼンの進行はインターン生の大先輩であるゴパールとラヴの2人です。彼らは2年弱の間に、日本語でプレゼンテーションも出来るようになっています。先日、グループ会社の会議に出席させたのですが、その後、日本語で会議メンバーにメールをしていました。

名刺管理アプリケーションの読み取り精度が大幅向上

今期のインターンシップでは、自社開発の名刺管理アプリ「NEXTaMEISHI」の読み込い精度の向上を目指したアルゴリズムの開発に取り組んでいましたが、結果として

  • 会社名
  • 名前
  • URL
  • メールアドレス

の各項目の読み取り精度が平均して15%以上改善されており、プレゼンテーションではその技術的背景等の解説を行なっていました。正式なバージョンアップとして提供される日程は未定ですが、1日も早く提供できるよう、メンバー一丸となって取り組んでいます。

新アプリケーションの開発

そして、今期のインターンシップでのもう一つのミッションにはもう一つ、勤怠管理アプリケーションの開発がありますが、この詳細については次回以降にお伝えできればと思います。

インターン終了のセレモニー

今年はこのプレゼンの流れで、終了のセレモニーを開催。武田社長よりインターンシップ期間が終わる2人に対して、熱い英語でのメッセージ。学生もこの言葉を非常に嬉しく受け止めていることでしょう。インターン生4人が揃うのもこれが最後になりますので、オフィスのみんなと記念撮影です。良い写真が撮れました。

新インターンシップメンバー

さて、いよいよ来週から終盤戦に突入します。6月13日に後半組がスタートしましたが、その2名を紹介させていただきます。

Gagandeep Tomar ガガンディープ・トマル

インド工科大学 マンディ校

専攻

Computer Sceinece and engineering

コンピュータサイエンス

趣味 音楽(ピアノ、ギター、ドラム)

Vishal Anand ヴィシャル・アナンド

インド工科大学マンディ校

専攻

Computer Sceinece and engineering

コンピュータサイエンス

趣味 音楽(ピアノ、ギター、ドラム)

趣味 絵を描くこと、クリケット

新メンバー2名はゴパールさんの後輩2人になります。今年はガガンディープ君が全体のムードメーカーのような気がします。彼はベジタリアンですが「しゃぶしゃぶ!イキマショウ!!」と夕方になると大きな声を出しています。

ヴィシャルは「岩本さん、I want to play baseball」と言っています。近いうちにバッティングセンターに連れて行かないといけないですね。

このマンディ校のコンビで8月13日(火)までインターンシップ期間が続きます。今日のプレゼンテーションでも凄いものを見た!という感じでしたが、残り約20日。また更にパワーアップしたアプリを見れると思うと楽しみで仕方ありません。何故か毎年、夏休み気分とはいきませんが、毎年毎年、新しいものが見れて感動するばかりです。

19日(金)は盛大に送別会が開催されます。その模様は、公式Instagramにて・・・。

一覧ページへ 

Other contents
その他のコンテンツ

Go to Top

Contact
お問い合わせ