line
line

印刷

365日対応で多様なニーズにお応えします

印刷

印刷

印刷

今、紙とWebの機能の棲み分けが
クローズアップされています。

同じ情報でも記録してある媒体によって読み手に与えるインパクトは異なります。紙とWebは、お互いが足りない部分を補完し合うように存在しています。個別に紙を活用したり、両方を併用して相乗効果を生んだり、状況に応じて情報発信してみませんか。

新聞印刷

新聞印刷

サービスの流れ

先ずはお客様のニーズを当社営業にお知らせ下さい。
具体的な入稿条件や、印刷物に最適な用紙の提案をさせていただきます。完成紙面データがあれば、入稿日に即日で印刷納品することが可能です。また、当社は印刷だけでなく、紙面制作、編集、レイアウト、イラスト作成も行っており、製品の納入までワンストップでお客様をサポートいたします。

スケジュール例

  • 4日前    データ入稿
  • 3日前    プルーフ出力、校正
  • 2日前    校了データ入稿、責了
  • 前日     印刷、梱包
  • 納品希望日  配送、納品

新聞のメリット

短時間で大量印刷(速報性)と、ボリューム(大量配布)の両立

印刷機に連動した自動包装で、梱包までを含めたスピード配送も強みです。

紙の記録性、手にしてすぐ読める閲覧性、一覧性

他のメディアには無い特性です。

情報の質

限られた容量の中に、厳選された情報が掲載できる。広く浅い情報ではなく、ピックアップされたより濃密で信頼できる情報が提供できます。

感覚に訴えかける強さ

新聞用紙特有の風合いから生まれる、感触や質感、実体があるからこそ、実感がある。記憶や印象に残りやすい存在感。似たような質感を感じた時に、思い出しやすくなる、想起性も持ち合わせています。

用紙について

新聞印刷の用紙には大きく分けてザラ紙と中質紙があります。ザラ紙は主に全国紙やスポーツ各紙が使用している用紙です。中質紙はザラ紙に比べると斤量が重く、白色度の高い用紙です。当社では約20種類の用紙を扱っております。

紙面サイズのご案内

ブランケット、タブロイド判印刷

弊社での新聞輪転機を用いての新聞紙面サイズはブランケット判とタブロイド判の2種類があります。

ブランケット判は日本の輪転機印刷機を用いる新聞において標準的なサイズで、全国紙などに用いられている大きさです(約406.5mm×546mm)。 タブロイド判はその半分のサイズで主に、夕刊紙や業界紙、広報紙などに使われています。

・ブランケット判(日本の新聞の標準サイズ)

2頁から最大40頁まで32個面のカラー印刷可能。絵柄など迫力ある大きさの紙面再現が魅力。

・タブロイド判(手に取りやすく、冊子スタイルに最適)

4頁から最大80頁まで64個面のカラー印刷可能。A4の2倍の情報量。

セクション折印刷(Aタイプ)

本紙の他に特集や広告など、印刷しながら折り込みができる印刷技法です。オリジナリティあふれる紙面展開が可能になります。

変形セクション折印刷(Bタイプ)

タブロイド判にブランケット判を折り込む印刷技法です。冊子にポスターやカレンダーを折り込むなど、発想によって用途は様々です。

パノラマ印刷

パノラマ印刷とは、新聞4ページ幅紙面で構成される印刷技法です。迫力あるワイドな紙面で読者にインパクトを残します。ポスターや特集号などでの用途に最適です。

その他の印刷

その他の印刷

当社のグループ会社である、エスティ・トーニチの印刷部門は、様々な商業印刷を取り扱っています。自主出版、会社案内、機関誌、企業カレンダーなどの編集、印刷、製本を始め、 封筒、名刺など広範囲、多品種の受注を承っています。

contact

お気軽にお問い合わせ下さい

〒135-0044

東京都江東区越中島2-1-30

03-3820-0904(10:00~17:30)

^