お知らせ news

佐藤凌選手 世界陸上出場決定!!

日本陸上競技連盟(JAAF)は9月20日、男子走り高跳びの佐藤凌選手(東日印刷)の第17回世界陸上競技選手権大会(以下、世界陸上)出場を発表しました。東日印刷では、陸上競技初の日本代表選手誕生です※。

佐藤選手は、9月27日からカタール・ドーハで開催される世界陸上の男子走り高跳びに日本代表3人の1人=他は戸邉直人選手(JAL)、衛藤昴選手(味の素)=として出場します。

2019シーズンの佐藤選手は、アジアグランプリ陸上(6月4日)銀メダル、日本選手権(6月27日)銅メダルと実績を積み、ヨーロッパ遠征中のポーランド・ワルシャワの大会(7月7日)で2m27を跳躍し、3年ぶりに自己ベスト更新を果たしました。(これまでの自己ベストは、2016年6月の日本選手権で、東海大学4年時の2m25)。

世界陸上の走り高跳びは、予選が10月1日(火)の22時50分から、決勝が10月4日(金)26時15分からTBSで生中継されます。

まずは、予選突破目指して、「頑張れ、佐藤凌選手!」

皆様の、熱く温かい応援をよろしくお願いいたします。

JAAF(日本陸上競技連盟)公式ツイッター

世界陸上2019DOHA(TBS)

※東日印刷の編集部門「T-pro」所属の雪森文晃さんは2005年、夏季デフリンピック(聴覚障がい者のオリンピック)に、男子バスケットボール日本代表選手として出場しました。

一覧ページへ 

Other contents
その他のコンテンツ

Go to Top

Contact
お問い合わせ